海外生活

2021/8/4

海外資産の相続手続き〜プロベイト

日本人で米国や香港などを中心に、海外資産を保有する方が増えております。海外資産を保有することはメリットも多く、当事務所でも積極的にサポートをしておりますが、どうしても忘れてはいけないのが、海外相続リスクとなります。 日本人が日本と海外に資産を保有している状態で相続が生じた場合、日本だけで相続手続きを行えばいいと想定している方もおられますが、実際には日本だけでなく資産を保有している国においても相続手続きが必要となります。 今回は日本にない海外の相続手続きのプロベイト(Probate)について記事にしておりま ...

2021/8/4

国外財産調書〜海外資産を保有する場合には注意したい報告調書

日本の経済が右肩上がりとは言い難い状況で、海外志向の方などを中心に資産を海外で保有することが増えております。国外に財産を保有している場合に、避けて通ることが難しい国外財産調書という制度があり記事にしております。   国外財産調書制度とは 国外財産調書制度とは、日本の居住者が12月31日時点において合計5,000万円超の国外財産を保有している場合には、国外財産調書(保有する国外財産の内訳明細書)を作成して、翌年3月15日までに所轄の税務署長に提出しなければならない制度です。 近年、国外財産の保有が ...

2021/8/3

国外転出時課税制度〜海外移住時の資産への課税

ビットコインをはじめとする仮想通貨(暗号資産)の価格が上昇や米国株式の上昇に伴い、資産形成後の生活の拠点を海外に移したり、計画されている方が増えております。多額の資産を保有している方の海外移住については、出国時に含み益に対して課税を行う制度(国外転出時課税制度)があります。 八ツ役公認会計士事務所では、日本だけでなく海外の活用について記事を投稿することもあり、今回、出国時の課税制度について記事にしております。 国外転出時課税制度 2015年7月1日以後に国外転出(国内に住所及び居所を有しないこととなること ...

2021/7/20

【米国】Interactive Brokers(インタラクティブ・ブローカーズ証券)の口座開設方法

以前は海外口座を通して投資をする方は非常に限定的でしたが、日本のネット証券で米国株式に力を入れ始めてから、海外口座に興味を持つ方が増えてきたように思います。 当該記事では米国の証券会社のうち、日本人でも口座開設可能なInteractive Brokers証券の口座開設方法について記事にしております。 ポイントやメリット・デメリットについては監修をしている【いい投資生活】のサイトからの抜粋となっております。 Interactive Brokers(インタラクティブ・ブローカーズ証券)とは 会社HP http ...

2021/7/3

非居住者と居住者の違い

八ツ役公認会計士事務所では、非居住者についての記事を投稿することもあり、今回、居住者と非居住者の違いについて記載しております。 非居住者とは 非居住者とは、居住者以外の個人となります(所得税法2条1項5号)。 外国に1年の半分以上滞在していれば、非居住者になると考えている方もおりますが、実際には日本の居住者になる場合があります。 非居住者を理解するには、居住者についても理解する必要があります。   居住者と非居住者の区分 区分 定義 細区分 定義 課税の範囲 居住者 A)国内に住所を有し、又は、 ...

2021/6/9

海外生活時(非居住者)の個人型確定拠出年金(iDeCo)の取り扱い

非居住者になった場合の個人型確定拠出年金(iDeCo)の取り扱いについて記事にしておりますが、海外で働く場合にはその国が日本と社会保障協定を締結しているか確認する必要があります。 また、海外生活については、以下で全体に関する内容を記載しております。   確定拠出年金(iDeCo)加入条件 これまでiDeCoでは60歳未満の国民年金被保険者が加入可能でしたが、高齢期の就労が拡大していることを踏まえ、2022年5月からは国民年金被保険者であれば加入可能となります。 60歳以上のiDeCoについては、 ...

© 2021 八ツ役公認会計士事務所