ライフプラン 海外生活 米国

【米国】米国の銀行口座を開設するなら利用したいPOD(Payable-On-Death)~死亡時受取人指定付預金

八ツ役公認会計士事務所では、移住予定や海外投資のための海外口座開設サポートや、日本での税務申告を行っております。

今回、米国で銀行口座を開設する方にも説明することがある、POD(Payable-On-Death)について記事にしております。

POD(Payable-On-Death)とは

死亡時受取人指定付預金のことで、口座名義人が亡くなったときに、プロベイトを経ることなく、指定された受取人に口座残高を移すことができる制度となります。

金融機関によっては、米国居住者に限定している事がありますが、利用できる場合には利用したい制度となります。

 

プロベイトとは

遺言書の有効性の確認や、遺産に関連するあらゆる債権債務関係の確定・精算、相続人の確定と遺産の分配などを、裁判所が関与しながら進めていく手続きのことです。

海外でもプロベイトは基本的に避けた方がいいという前提があり、そのための対策を準備することが多いです。

プロベイト回避のために、共有名義化のほか、預金口座においてはPayable-On-Death、証券口座においてはTransfer-On-Deathを利用することがあります。利用できるかどうかはご利用の金融機関に確認してください。

プロベイトは日本では馴染みがない制度となります。これは相続の考え方について日本と異なることによります。

プロベイトについてはリンク先の記事に記載しております。

海外資産の相続手続き〜プロベイト

日本人で米国や香港などを中心に、海外資産を保有する方が増えております。海外資産を保有することはメリットも多く、当事務所でも積極的にサポートをしておりますが、どうしても忘れてはいけないのが、海外相続リス ...

続きを見る

 

POD(Payable-On-Death)申込手続き〜ユニオンバンク

日本に住んでいる日本人が、米国の銀行口座を開設する場合は、ハワイの銀行かユニオンバンクを利用することになります。

PODを利用する場合は、銀行に問い合わせを行い手続きを行うことになります。以下ではユニオンバンクでのPOD申込手続きを記載しております。

ユニオンバンクでは、口座開設時の申込書でPODを指定することができます。夫婦の共同名義で口座を開設する場合は、子供などを受取人として指定することになるかと思います。

 

POD(Payable-On-Death)についてのコメント

共同名義口座は海外口座を保有している方ですとご存じ事が多いのですが、PODは聞いたことがないという話を聞きます。

PODは、金融機関や口座種類によっても利用できるか異なることがあります。また、日本の居住者は利用できない場合もあるため、口座を保有している金融機関に確認することが必要となります。

 

参考

国際相続とエステート・プランニング 中田朋子/水谷猛雄ほか

 

 

ディスクレーマー(責任に関する注意事項)

当サイトではコンテンツの正確性を高めるよう努めておりますが、制度改正のアップデートが未了であったり、解釈が相違する場合もございます。実務を行う場合には専門家に相談の上行うようにしてください。
当事務所が記載している情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。

© 2022 八ツ役公認会計士事務所