ブログ

2022/1/4

【エストニア】法人設立手続き~1日でヨーロッパに法人設立可能

エストニアは電子国家として有名で、日本でも会社設立が簡単にできるというニュースを目にすることもあります。 エストニアは自国民向けだけでなく、海外の人向けにe-Residencyという電子居住権を提供しております。e-Residency登録者はエストニアで簡単に法人設立が可能となっております。   エストニアで法人設立するかもが多いのか、2022年1月1日から法人設立費用(日本でいう登録免許税)が190ユーロから265ユーロに値上げされることになりました。 どうせ会社を設立するなら値上げ前がいいの ...

2021/11/19

暗号資産(仮想通貨)の相続時の取り扱い

暗号資産(仮想通貨)に投資をする方が増えてきており、相続が生じた際の取り扱いについて気になる方も増えているかと思います。 相続時の暗号資産(仮想通貨)の取り扱いについて記事にしております。   相続や贈与時の暗号資産(仮想通貨)の取り扱い 日本の税法での取り扱い 相続税法では、個人が、金銭に見積もることができる経済的価値のある財産を相続若しくは遺贈又は贈与により取得した場合には、相続税又は贈与税の課税対象となることとされています。 仮想通貨については、決済法上、「代価の弁済のために不特定の者に対 ...

2021/11/9

【米国】米国の証券会社での米国株式の始め方〜ユニオンバンク売却を見据えた全体フロー

日本から米国株式に投資をする場合に必要となるのが、米国の銀行、証券会社。 米国では、銀行口座を開く時もSSN(ソーシャルセキュリティーナンバー)を要求されます。そのため、日本に住んでおり、SSNを持たない日本人にとっては米国での銀行口座開設はハードルが高かったです。 例外としては、三菱UFJフィナンシャル・グループが2008年に買収したユニオンバンクでの口座開設がありました。ユニオンバンクは、三菱UFJ銀行に口座を保有している場合に、簡単に口座開設することができましたが、三菱UFJフィナンシャル・グループ ...

2021/11/9

納税管理人制度とは〜海外赴任や海外生活での日本の代理人

海外赴任が決まり、出国の準備を進める上で煩雑なのが、国内での納税や金融機関の手続き関係。子供が学校に通っていると、単身で行くか、家族で行くか決めなくてはいけなかったりしますので、悩みが多いです。 私も海外生活をした際に日本の非居住者であった時期があり、手続きや意思決定の難しさを感じております。今回、海外赴任や海外生活をすることになった場合の、国内の納税管理について記事にしております。 弊社では、海外赴任や海外生活を行なっている方のサポートも行っておりますので、興味がある方はリンク先もご覧ください。 &nb ...

2022/2/24

Wise(ワイズ)〜より早くて安い海外送金の紹介

海外口座を開設すると次に行わなくてはいけないのが、海外送金。 海外送金はハードルが高く、日本国内の送金とは異なりますので、ハードルが高いと感じている方も多いかと思います。 今回、私も活用しているWise (ワイズ)を紹介するため記事にしております。また、口座開設方法や活用方法ついては別途記事にする予定です。   Wise(ワイズ)とは Wiseホームページ Wise(ワイズ)は、海外送金をより安く、公正で、よりシンプルにすることをミッションとして、2011年に設立されました。 現在、当社のマルチ ...

2021/6/11

資産を守るための海外口座活用

富裕層や海外志向の強い方を中心に、海外金融機関に口座を持つ人が増えていることを皆さん、ご存知でしょうか。 海外金融機関の中には内容の良い保険や日本では投資できないETFなどの投資商品があるため、それらを利用するために口座を開設している方が多いと思います。 しかし内容の良い金融商品を購入するためではなく、資産を守るために海外口座を持っている方も多いのです。 海外金融機関の口座と聞くと課税逃れを目的と感じる方も多く、 なぜ海外金融機関に口座を持つことが資産を守ることにつながるのか疑問に思う方も多いでしょう。 ...

2022/2/24

三菱UFJ信託銀行信託博物館とお金の教育

東京駅前に、おそらく日本で唯一の信託博物館があり、以前、2歳の子供を連れて行ってみました。 2歳の子供が理解できる内容でもありませんので、子供にとっては退屈だったと思います。あまり子連れで来ないのでしょうが、ピーターラビットの世界の体験コーナーがあるので、子供がピーターラビットが好きな場合には子供も楽しめます。 海外の信託についても投資政策書(ライフプラン等をまとめた資料)で触れることがあり、参考にする書籍に信託博物館が記載されており興味を持ちました。おそらくこの書籍で信託博物館が紹介されていなければ、気 ...

2022/2/24

【エストニア】大使館でのe-Residency kit受取

e-Residencyは承認された後は、エストニア大使館の予約をしてから訪れることになります。   エストニア大使館の予約 エストニア大使館は事前に予約する必要があります。 予約方法は以下3つのいずれかとなりますが、お勧めはOnlineです。 Online https://broneering.mfa.ee/en/ Phone +81-3-5412-7281 E-mail Embassy.Tokyo@mfa.ee 私は、最初E-mailで連絡したのですが、担当者から返信が無く、手続きを放置してし ...

2022/2/24

【エストニア】e-Residencyの承認、受取予約

e-Residencyの付与 e-Residencyの申請を2018年9月25日に行い、2018年10月4日にe-Residencyが付与されたようです。   e-Residency digital ID card ID cardが発行されると、メールで連絡が来ます。   メールでは、いつピックアップに来るかメールで教えてほしいと記載があったため、メールでピックアップに行く日を連絡しました。 返信を求める文面にしたのですが、その後連絡は全くなし。 その後放置していたら、半年以上たって連 ...

2022/2/24

英語での住所の書き方

英語での住所の書き方 海外の金融機関に口座を開設する際に、英語で住所を登録する必要があります。 日本での住所の書き方と、英語での書き方は異なるので、注意ポイントと事例で記載したいと思います。 日本での住所の書き方 郵便番号、都道府県、市区町村、地域名、〇丁目〇番、建物名、部屋番号   海外での住所の書き方(英語圏) 部屋番号 建物名、〇丁目〇番 地域名、市区町村、都道府県 郵便番号、日本 * 日本での住所の書き方と反対となります。 * 最後に、"日本"と国名を記載する必要があります。 &nbsp ...

2022/2/24

海外生活時(非居住者)のクレジットカードの取り扱い

海外赴任や海外で生活するために日本の非居住者になった場合の、クレジットカードの取り扱いについて解説いたします。クレジット会社によりますが、国外の住所を認める場合もありますし、認めない場合もあります。 海外生活については、以下で全体に関する内容を記載しております。   サマリー クレジットカード 国外住所 国内住所 *1 備考 三井住友カード 〇 *3 〇 国外住所を登録する場合、有料の海外生活ヘルプデスクに加入することになります。 三菱UFJニコス × 〇 海外住所の登録とあわせて、日本国内の実 ...

2022/2/24

国際電話のかけ方

国際電話を携帯電話でかける場合 “+”と”国番号”と”電話番号”を繋げてかけることになります。 ただ、2点注意が必要です。 "電話番号"が0から始まる場合は、0を除く必要があります。 ”電話番号”に”ハイフン(ー)”や、"プラス(+)"がある場合がありますが、こちらも除く必要があります。   バンクオブハワイを例にすると バンクオブハワイのHPに記載されている、24時間対応のカスタマーサービスセンター”808-693-3888”の場合、”+”と”国番号”と"電話番号"を繋げると”+1808693 ...

2021/11/9

米国での2つの送金方法(ACH Transfer、Wire Transfer)

日本国内での送金については、多くの方が、銀行間での振込を利用していると思います。 米国国内においては日本とは仕組みが異なりますので、米国内の銀行⇄銀行と銀行⇄証券を前提に、送金方法を記載しております。 2種類の送金方法 米国での送金方法は2つあり、それぞれメリットとデメリットがあります。 ACH Transfer(米国内金融機関→ACH→米国内金融機関) Wire Transfer(米国内金融機関→金融機関)   ACH Transferとは ACHとはAutomated Clearing Ho ...

2022/2/24

外国払小切手の日本での取扱い

日本では個人で使用する事が殆ど無い小切手ですが、米国では日常的に利用されており、ドル建ての小切手を受け取ることもあります。 ドル建てに限らず、外貨建ての小切手は、外貨小切手や外国払小切手(クリーンビル)と呼ばれており(以下、外国払小切手)、取扱いに慣れていない方が非常に多い決済手段となります。 以下、外国払小切手が振り出された事を前提に記載しております。   外国払小切手(クリーンビル)とは 外貨・円貨を問わず、支払場所を海外とする小切手。小切手に支払場所が記載されておりますが、文字とは限らず、 ...

2019/3/24

【米国】Bank of Hawaii(バンクオブハワイ)口座解約

実際に海外の銀行口座を開設したけど、あまり使い道が無いという方も多いかと思います。 日本の銀行の場合、持っているだけで残高0で使っていなくても、資金を入れ全く動かしていなくても、気にすることはほとんどありません。しかし、海外だと口座維持手数料を徴収されたり、凍結されたりします。 海外の銀行口座が凍結されるのを防止するためにも、年に最低でも1回(可能であれば複数回)は資金移動する必要がありますが、忘れる人が後を絶りません。 凍結を解除するのも大変ですので、海外口座を解約するもの選択肢に上がると思います。 B ...

© 2022 八ツ役公認会計士事務所