ブログ

2022/2/24

海外生活時(非居住者)のNISA、つみたてNISA及びジュニアNISAの取り扱い

海外赴任や海外で生活するために日本の非居住者になった場合の、NISA、つみたてNISA及びジュニアNISAの取り扱いについて解説いたします。 海外生活については、以下で全体に関する内容を記載しております。   一般NISA、積立NISA NISA口座を開設された方が出国により非居住者となられた場合(*) NISA口座が閉鎖(廃止)され、NISA口座内の上場株式や株式投資信託等は特定口座又は一般口座に移管され、非課税の適用を受けることができなくなります。 非居住者になった場合、証券口座の内、特定口 ...

2022/6/8

海外生活時(非居住者)の日本の銀行口座の取り扱い

海外赴任や移住により日本の非居住者になった場合の、銀行各社の対応状況等について記載しております。 海外で生活し始めても日本での資金移動を行う機会は一定数あるため、出国前に日本の銀行口座の整理を行うことをお勧めします。 海外生活については、以下で全体に関する内容を記載しております。 銀行各社の対応(2022年6月8日時点) サマリー(住宅ローンなどの借入がない場合) 各社の対応方針だけを知りたい場合、以下の表だけで確認できます。 ローン契約がある場合に、原則解約となっている銀行においても、口座を残すことがで ...

2022/3/6

海外生活時(非居住者)の日本の証券口座の取り扱い

海外赴任や海外で生活することになり日本の非居住者になった場合、数年前まで維持できる証券会社の口座が無かったと思います。 証券会社のサービスも向上し、日本の非居住者も口座を維持できるようになってきており、当該記事では、証券会社各社の対応状況等について記載しております。 海外生活については、以下で全体に関する内容を記載しております。   証券会社各社の対応(2022年3月6日時点) サマリー 各証券会社の非居住者への対応方針について、以下の表にまとめております。 証券会社 特定口座 一般口座 NIS ...

2022/2/24

【米国】Bank of Hawaii(バンクオブハワイ)口座開設

旅行した多くの方がまた訪れたいと言うハワイ。そんなハワイで銀行口座を保有したい方も多いと思いますので、口座開設の流れを記載しております。   Bank of Hawaii(バンクオブハワイ)とは バンクオブハワイは、ハワイ、グアム、北マリアナ諸島 (サイパン) およびパラオにおいて、企業、個人、政府を対象に金融サービスを行っている米国の地方金融機関で、1897年に創立されたハワイ最大の独立金融機関です。 多くの日本人が利用するのはバンク・オブ・ハワイのインターナショナル・バンキング・センターで、 ...

2022/2/24

海外口座の活用

日本人が、日本にいながら開設できる海外口座。 海外に住んでいるならば現地の口座に開設しやすいですが、日本に住んでいると開設できる海外口座が限定的になってしまいます。 10年近く前ではヨーロッパでも香港でも日本人による口座開設は容易に行えましたが、近年は開設が難しくなっております。ですが、まだまだ日本に住んでいても開設できる金融機関はあります。   海外口座のメリット 日本ではアクセスできないタイプの商品にアクセスする事ができる ●最近、日本の証券会社でも海外で上場しているETFの取り扱いが拡大し ...

2022/2/24

世界中で使える電話番号

海外生活で日本を離れる際に、日本の電話番号を維持するか悩んだりします。 海外生活だけでなく、最近ではスマートフォンにデータSimを差し、携帯電話番号を取得せず、050アプリで運用されている方も聞くようになりましたが、日本での生活が長い場合、現実的ではありません。 世界中で使えて、パソコン・スマートフォン・タブレットなど多くの端末で利用できる電話番号。 Skype番号をご紹介いたします。こちらを利用し始めてから、携帯電話番号から通話することがなくなりました。   世界中で使えるSkype番号 Sk ...

2022/2/24

終身旅行者とは

IT技術の進歩により海外にいながら日本の仕事ができたり、LCC(格安航空会社)の登場により渡航コストが大幅に下がり、多くの方が日本だけでなく海外拠点をもって生活できる環境になりつつあります。 働き方改革で在宅勤務が導入されている会社も増え、日本と海外を行ったり来たりする生活も夢ではなくなり、現実的なアイディアになってきています。 その生活を実際に行っている終身旅行者について紹介致します。私も一時期同様の生活を送っておりました。   終身旅行者(Permanent Traveler:PT)とは 定 ...

2022/2/24

【エストニア】e-Residencyの申請方法

e-Residencyとは エストニアでのバーチャルな居住権。e-Resident(電子居住者)が、インターネットでエストニアの電子政府サービスを利用したり、銀行取引などを行う際に本人であることを電子的に認証することができる制度です。 デジタル国家の住人と表現する方もおりますが、実際にエストニアの国籍やビザが取得できる訳ではありません。   e-Residencyのメリット 1.会社設立および運営 世界中どこにいても、インターネットだけで、エストニアに会社を設立し運営することができます。エストニ ...

© 2022 八ツ役公認会計士事務所