未分類

英語での住所の書き方

投稿日:

英語での住所の書き方

海外の金融機関に口座を開設する際に、英語で住所を登録する必要があります。

日本での住所の書き方と、英語での書き方は異なるので、注意ポイントと事例で記載したいと思います。

 

日本での住所の書き方

郵便番号、都道府県、市区町村、地域名、〇丁目〇番、建物名、部屋番号

海外での住所の書き方(英語圏)

部屋番号 建物名、〇丁目〇番 地域名、市区町村、都道府県 郵便番号、日本

* 日本での住所の書き方と反対となります。

* 最後に、"日本"と国名を記載する必要があります。

 

事例:駐日ジョージア大使館

日本での住所の書き方

郵便番号、都道府県、市区町村、地域名、〇丁目〇番、建物名、部屋番号

〒107-0052 東京都港区赤坂1-11-36 Residence Viscountess #220

海外での住所の書き方(英語圏)

部屋番号 建物名、〇丁目〇番 地域名、市区町村、都道府県 郵便番号、日本

#220 Residence Viscountess, 1-11-36 Akasaka, Minato-ku, Tokyo 107-0052, Japan

 

用語の整理

単語 英単語 備考
Prefecture(Pref.) 東京都(Tokyo)、北海道(Hokkaido)、京都府(Kyoto)、大阪府(Osaka)、埼玉県(Saitama)などのように、都道府県名のみで大丈夫です。

県については、Prefectureと記載することがあります。

例:神奈川県(Kanagawa Prefecture、Kanagawa Pref.)

ku/Ward -kuと記載することが多いです。

例:東京都港区(Minato-ku, Tokyo)

Wardを使うこともありますが、私は使ったことはないです。

例:東京都港区(Minato Ward, Tokyo)

City 市にはCityを記載することが多いです。

例:埼玉県さいたま市(Saitama City, Saitama)

 

-未分類
-

Copyright© 八ツ役公認会計士事務所 , 2019 All Rights Reserved.