未分類

世界中で使える電話番号

更新日:

海外生活で日本を離れる際に、日本の電話番号を維持するか悩んだりします。

海外生活だけでなく、最近ではスマートフォンにデータSimを差し、携帯電話番号を取得せず、050アプリで運用されている方も聞くようになりましたが、日本での生活が長い場合、現実的ではありません。

世界中で使えて、パソコン・スマートフォン・タブレットなど多くの端末で利用できる電話番号

Skype番号をご紹介いたします。こちらを利用し始めてから、携帯電話番号から通話することがなくなりました。

 

世界中で使えるSkype番号

Skype番号は日本で取得する場合、050で始まるIP電話の電話番号で、マイクロソフトのSkypeが行っているサービスの一つで、 電話の相手にとっては携帯電話や固定電話と電話しているのと変わりません。

 

Skype番号のメリット

Skypeがインストールされている端末がネットに接続されていれば電話できる。

端末が替わっても、携帯電話会社を変更しても、格安simで音声通話機能付きSimを利用しようとデータSimを利用しようと、そもそもSimカードを持っていなくても電話できます。

日本での生活でも、海外での生活でも、データsimかwifiにつながっていれば電話できるため、電話番号取得のために電話会社と契約する必要が無いです。

Skypeで電話を受ければ電話料は無料で、発信時も格安で掛けられます。

日本の多くのプリペイドsimの多くは音声付きSIMカードではなく、電話番号を取得するためには電話会社と契約しなければならない場合がほとんどです。

好きなSkype番号を取得できる(ランダムで番号が表示され、そこから番号を選択するので、再表示を繰り返すと、ほしい番号に出会う可能性があります)。

 

Skype番号のデメリット

緊急電話を利用できない。

SMSを受信できない。

Skype番号を取得する国によっては、受信者に番号通知されない(非通知)。日本でSkype番号を取得する場合は非通知となります。

米国やエストニアなど海外の電話番号を取得することもできますが、受信者に海外からの電話であることが表示されるため、電話に出てくれない。

IP電話共通のデメリットですが、音声が少し遅れます。

有料であること。Skype番号は年間2,400円の維持費用が掛かります。Smartalkなど、一部の050アプリだと維持費用が0円だったりしますので、コストを最小限にしたい人には気になる点と思います。

 

Skype番号の現実的な使い方

一年間のうちに、日本で生活する時間が長い場合、Skype番号に完全に移行するより、格安simの音声通話機能を利用した方がいいと思います。発信する際に、格安simだと通話料が高いので、

Skype番号+格安Sim(音声通話)

が現実的かと思います。

以前、海外に引っ越す際に、日本の携帯電話番号を維持するか悩んだ時期があり、結局夫婦ともに維持して出国しました。その際には格安simの音声通話機能がなかったので、ある程度の金額がかかりましたが、今はSkype番号+格安Sim(音声通話)の組み合わせで月1,400円で済みます。

年間16,800円の維持費用が許容できるのであれば、Skype番号+格安Sim(音声通話)がいいと思いますが、コストをさらに削りたいのであれば、徐々にSkype番号を相手に知らせて、最終的にはSkype番号とデータSim(SMS受信オプション付き)で運用するのもありだと思います。

以下、簡単にまとめましたが、通信量が増えてデータ量が多いプランに移行しても、2,000円はかからないケースが多いです。

項目 月々の維持費用 備考
Skype番号 200円
Skype番号+格安Sim(データ)+SMS 820円(200円+620円) LINEフリープラン(1GB)*
Skype番号+格安Sim(音声通話) 1,400円(200円+1,200円) LINEフリープラン(1GB)*

*2018年11月26日時点

-未分類
-

Copyright© 八ツ役公認会計士事務所 , 2019 All Rights Reserved.