未分類

終身旅行者とは

更新日:

LCC(格安航空会社)の登場により渡航コストが大幅に下がり、IT技術の進歩により海外にいながら日本の仕事ができたりと、日本だけでなく海外でも拠点をもって生活できる環境になりつつあります。日本と海外を行ったり来たりする生活も夢ではなくなり、現実的なアイディアになってきています。

その生活を実際に行っている終身旅行者について紹介致します。私も一時期同様の生活を送っておりました。

終身旅行者(Permanent Traveler:PT)とは

定期的に住む国を移り、どの国でも非居住者となり、各国での税負担を最小化するライフスタイル。以前は一部の富裕層が節税目的に実行していたライフスタイルですが、最近だと少し意味合いが変わった気がします。「旅するように生活する」その様なライフスタイルが近いと思います。

 

終身旅行者になる目的

税負担の最小化だけでなく、複数の国や生活コストが低い国でのビジネス展開や、子供の教育など、目的は多様化しております。

日本で生まれれば、日本の学校に入り、日本の会社に務めて、日本で家を買い、定年まで同じ会社に在籍し、引退後は貯金と年金で余生を過ごすのが一般的なライフスタイルでした。人口が増え、経済が拡大しているなら、このライフスタイルも機能するのですが、日本の人口が減少し始め、経済の拡大が続くかわからない状況ですと、生活や資産が固定化されてしまうのは大きなリスクとも考えられます。また、ビジネスや投資でチャンスがある場合も、リスクを取って挑戦しにくくなります。

そこで、より柔軟性を持たせるために、1つの場所に全てを固定化しない終身旅行者になる、又は、考え方を取り入れることは有益と感じます。

終身旅行者(PT)にとって最も大切なのは、目的別に複数の国を使い分けること。その際に、5つのフラッグをもとに考えて行くことになります(5フラッグ理論)。

 

5フラッグ理論

目的に応じて複数の国を使い分け、それらが5つに分類されているので、5フラッグ理論と呼ばれております。5つについては以下の通り。

1.国籍を持つ国(パスポートを持つ国)

2.ビジネスを営む国(所得を得る国)

3.居住を持つ国(住所として家を持つ国)

4.資産運用を行う国(銀行・証券口座をもつ国)

5.余暇を過ごす国(自分の趣味・生きがいを実現する国)

 

PTのメリット

PTになることにより、当初意図していた目的を果たすことができ、人生の目標を達成する事ができます。

 

PTのデメリット

理論的には実践可能でも、食事や気候の問題等、実際に海外で長期間生活するのは難しいです。

終身旅行者を辞めたあとのことも考えておく必要あります。

 

実際に終身旅行者になって感じた事

日本の非居住者になり、終身旅行者になるのは意外と簡単。続けるのは大変。でもいつでもやめられる。

私の場合、妻と結婚してすぐに2人とも会社を退職して日本の非居住者になり、台湾などの東南アジアで生活しました。

特別な手続きとしては区役所での海外への転居届だけ。私は日本で不動産や車を所有しておりませんでしたので、家財道具のほとんどを処分し、様々な契約を解約等して手続きの殆どが終了。

日本から出国する際は、健康保険も国民年金にも加入せず、AIUの保険だけでに入っておりました。

大学や語学学校へ留学していたため、現地の健康保険に加入できましたが、AIU保険だけで十分と考え加入しておりません。

資産運用は日本ではなく、米国で行っていたため、日本の非居住者になっても運用方法は全く変わりません。非居住者になる前となった後で、何も変わりが無い様に意識的に準備をするのがいいと思います。

海外生活は楽しいのですが、いいことばかりではありません。私は希望して海外生活を始め、現地のビールの方が日本のビールよりも美味しいと思っていましたが、半年経った頃から突然プレモルが飲みたくなり、それ以降はほとんど日本のビールを飲む様になりました。食事についても同様の事が言え、日本食が美味しいお店が多くあればいいのですが、街で一つしかないとなると、飽きてきます。同じメニューばかり選んでいると栄養バランスも崩れてしまいます。

日本に帰って居住者に戻る際にも、区役所で転入届を提出し、健康保険に加入するだけでした。

 

非居住者になるための証拠と手続き

非居住者とみなされるための積み上げ証拠と手続きは以下の通り(参照:終身旅行者PT 木村昭二)

項目 内容 備考
住民票 住所異動届書の提出
確定申告 確定申告又は納税管理人の届出書の提出
健康保険 加入抹消 *1
年金手続 国民年金諸届書などの提出
携帯電話 解約 *2
インターネットプロバイダー 解約
郵便 外国来郵便物の国外転送請求の提出
銀行口座 居住性変更に関する届出書などの提出 *3
証券口座 口座解約 *3*4
クレジットカード 海外転勤届などの提出 *3
生命保険 海外渡航通知書などの提出
確定拠出年金 国内代理人届の提出 *5
県民、都民共済 解約
運転免許証 国外運転免許証取得、滞在国免許証取得
自動車 保有しない
在留届 在外公館に提出
国籍 外国国籍選択の場合、国籍喪失届を提出
海外渡航日数 パスポートから日数表を作成する
資産割合 日本が少ない方が良い *3
不動産 居住用不動産は持たない。賃貸不動産はOK
会社役員 避ける
同居家族 国外に帯同
国外居住 国外での不動産賃貸契約書を保存
国内帰国時の滞在 1年以上の居住にならないホテル滞在など

*1 私が海外生活を行なっていた時は、医療費はAIU保険でほとんどカバーしておりました。ただ、歯科治療は保険適用外のため、出国する前に歯科治療は全て終えた方がいいです。

*2 日本の携帯電話番号を残すかどうかも結構悩みます。解約した方がいいので、そのために携帯電話番号ではなく、Skype番号を日常的に使用していれば、日本の携帯電話を解約した際にもデメリットは少ないかと思います。

世界中で使える電話番号

海外生活で日本を離れる際に、日本の電話番号を維持するか悩んだりします。 海外生活だけでなく、最近ではスマートフォンにデータSimを差し、携帯電話番号を取得せず、050アプリで運用されている方も聞くよう ...

続きを見る

*3 海外生活を前提として、日本で生活している段階から、非居住者でもサービスを提供する金融機関を利用したり、資産運用を行うことで、出国へのハードルを下げられます。

海外生活時(非居住者)の日本の銀行口座の取り扱い

海外赴任や移住により日本の非居住者になった場合の、銀行各社の対応状況等について記載しております。 海外生活については、以下で全体に関する内容を記載しております。 銀行各社の対応(2019年5月31日時 ...

続きを見る

*4 非居住者になった場合、特定口座とNISA(ジュニアNISA)の利用はできなくなります。一般口座について証券会社によっては維持できますが、取引が制限されるため、原則として解約した方がいい思います。

海外生活時(非居住者)の日本の証券口座の取り扱い

海外で生活することになり日本の非居住者になった場合、数年前まで維持できる証券会社の口座が無かったと思います。 証券会社のサービスも向上し、日本の非居住者も口座を維持できるようになってきており、当該記事 ...

続きを見る

*5 残高によっては脱退一時金を受け取り、確定拠出年金を解約することができますが、管理資産が50万円を超える場合は、解約することはできないようです。詳細な要件については別の記事にまとめる予定です。

 

実際に終身旅行者を目指すか

我が家は妻と子供が海外(台湾)で生活することを視野にいれておりますが、私は日本で仕事をする前提でおります。同居家族の要件を充足しないため、妻と子供が非居住者として認められない可能性があります。

節税ではなく教育を目的として海外に移る場合、あまり問題になることはないと思いますが、仮に日本での税負担を軽減したくなったら、自分も日本から海外に移ることが必要になります。

多くの方にとっては、実際には終身旅行者になるというより、終身旅行者の考え方を取り入れたライフプランを立てて、実践していく事が現実的かと思います。

計画は頭の中だけではなく、資料にまとめることをオススメしております。資料にまとめる過程で、海外に出るのを阻害している要因が明確になり対応策に繋げていけますし、その資料が今後の人生の設計書になっていきます。

-未分類
-, ,

Copyright© 八ツ役公認会計士事務所 , 2019 All Rights Reserved.