米国

【米国】Bank of Hawaii(バンクオブハワイ)口座解約

更新日:

実際に海外の銀行口座を開設したけど、あまり使い道が無いという方も多いかと思います。

日本の銀行の場合、持っているだけで残高0で使っていなくても、資金を入れ全く動かしていなくても、気にすることはほとんどありません。しかし、海外だと口座維持手数料を徴収されたり、凍結されたりします。

海外の銀行口座が凍結されるのを防止するためにも、年に最低でも1回(可能であれば複数回)は資金移動する必要がありますが、忘れる人が後を絶りません。

凍結を解除するのも大変ですので、海外口座を解約するもの選択肢に上がると思います。

Bank of Hawaiiで、口座の名義人が解約する場合について、口座解約方法を記載しております(相続が生じたことにより、相続人の方が口座を閉鎖したい場合は対象外)。

 

Bank of Hawaii(バンクオブハワイ)の口座閉鎖方法

口座閉鎖方法はきわめてシンプルで2つの方法あります。

➀支店を訪れて口座解約手続きを行う

②郵送で口座閉鎖手続きを行う

以下でそれぞれについて内容を記載。

 

➀支店を訪れて口座解約手続きを行う場合

日本語対応可能な店舗

日本語での口座解約手続きを希望する場合は、ワイキキ中心部にあるインターナショナル・バンキング・センターとなります。

Bank of Hawaii International Banking Center
International Banking Division
2155 Kalakaua Ave, Suite 318, Honolulu, HI 96815

8:30 am – 4:00 pm

口座解約時の持ち物
  • パスポート
  • 口座番号がわかる資料

 

②郵送で口座閉鎖手続きを行う場合

基本的に、口座解約依頼文書を英語で作成し、サインをして以下の住所に郵送します。その後、Bank of Hawaiiから正式な解約手続きについての資料や指示があります。

Bank of Hawaii
Attn: DMC #118
P.O. Box 2900Honolulu, HI 96846

 

残高の移動方法は主に3つありますが、規制によって解約時の取り扱いが変更になる可能性があります。

送金方法 備考
小切手送付(ドル建て)*1 米国に銀行口座がある場合、モバイルデポジット(小切手を写真撮影)で入金
米国に銀行口座が無い場合、日本の銀行で取立の依頼を行うことになります。

ただ、三菱UFJ銀行では2019年5月31日で外国払小切手の取り扱いが終了になるなど、受付てくれる銀行は減少しています。

米国内送金 米国に口座があることが前提となります。米国に複数の銀行口座があり、Bank of Hawaiiを解約して他の米国内にある銀行に資金を移します。
米国外送金 私が口座を開設した際は、担当者からマネーロンダリング対策として国外送金はオンラインではできない、支店を訪れるようにと伝えられました。

送金のタイミングでBank of Hawaiiに確認が必要となります。

*1 ドル建ての小切手の日本での換金(取立)について、以下のページで記載しております。

外国払小切手の日本での取扱い

日本では個人で使用する事が殆ど無い小切手ですが、米国では日常的に利用されており、ドル建ての小切手を受け取ることもあります。 ドル建てに限らず、外貨建ての小切手は、外貨小切手や外国払小切手(クリーンビル ...

続きを見る

個人での対応が難しい場合、サポート致します。

-米国
-, , , , , ,

Copyright© 八ツ役公認会計士事務所 , 2019 All Rights Reserved.